Coreserverからエックスサーバーに引越したら快適すぎた

imgres

私は2年ほどCoreserver(Aプラン)を使用していたのですが、本格的にアフィリエイトをしていくに当たって「少し心元ないな・・・」と思い、アフィリエイターの間で人気の高い「エックスサーバー」に引っ越すことにしました。(引っ越すと言ってもcoreserverで運用していたブログはそのまま)

ぶっちゃけ、エックスサーバーのアフィ報酬が高いからみんな奨めてるだけなんじゃねーの?って思ってたんですけど、本当に快適でした。(というかcoreserverが分かりにく過ぎた)

Coreserverとエックスサーバーの違い

管理画面の操作性

これが一番の違い。エックスサーバー分かりやすすぎ!(直感で全て分かる感じ)

WordPressをワンクリックでインストール出来てしまうところに感動を覚えてしまいました笑

coreserverではこうはいきません。わざわざmysqlのコントロール画面に入って、分かりづらいメニューを見ながら、新規にDBを作成し、それをwordpressに紐付けさせる、しかも、coreserver内での「俺ルール」的なのが酷く、操作するのにかなり苦労します。

スペック

私が一番重要視したのは、安定性(バックボーン)転送量です。いずれ数百万PVサイトが作れるようになった際(今現在の夢)に、機会損失を出さないためにそこだけは外せないなと思ってました。

下記に私が重視した点を比較表にまとめました。

coreserver(Aプラン) coreserver(Bプラン) エックスサーバー(X10)
維持費 397円/月 785円/月 1000円/月
初期費用 無料 無料 3000円
転送量 250GB/月 500GB/月 70GB/日=2160GB/月
バックボーン 4Gbps 4Gbps 232Gbps
MySQL 無制限 無制限 30個

維持費

coreserverには、劣りますがスペックの割りにはかなり低価格だと思います。

初期費用

これもcoreserverには負けてしまいます。無料には勝てません。けど普通は初期費用2000~4000円くらいするのが普通です。

転送量

これはダントツでエックスサーバーが優勢です。月間100万PVサイトであろうが余裕です。(ちなみに2015/02/27から、転送量が50GB/日だったのが、70GB/日に強化されたみたいです)

バックボーン

大体家庭の光回線で1Gbpsです。それがエックスサーバーでは232倍です。安定しすぎダロ。ヤベーヨ。

MySQL

これはcoreserverに負けます。ただし30個も持てるので、大した問題ではないと思います。

サポートの違い

coreserverはサポートが酷いと巷で有名みたいですが、実際メールとか出すと翌日には返信してくれます。前に間違ってドメインを購入してしまった事があったのですが、メールベースで返金に応じてくれましたなので特段問題は無いと思います。

エックスサーバーは更に電話応対もしてくれるらしく、サポートは迅速で素晴らしいみたいです。

エックスサーバーをお得に契約する方法

普通にエックスサーバーに登録すると、初期費用3000円もかかってしまいます。これがネックな人が多いと思います。

そこで!エックスサーバーのアフィ広告(a8.netとか)に自分で登録する(自己アフィ)ことでかなりお得に契約できます

以下↓が実際の広告。(本人OKと書いてあります)

koukoku

このA8の例だと、登録するとなんと、5000円もキャッシュバックされます。初期費用3000円分なんて余裕でペイ出来ます。むしろ2000円分得するので月換算に直すと833円/月くらいに値下がりする事になります。

これを活用しない手はないです!

ちなみにドメインを取得する際も、こういう自己アフィ系の広告から申し込むとお得にできます。

 まとめ

エックスサーバーは本当に快適です。

ただ、mysqlの数が30とあまり多くないので、エックスーサーバーでは、量より質で勝負し、1つ1つのサイトをじっくり作りこむ。(WordPress等)

CoreserverではSIRIUS等で量産サイトを作りまくり、数で稼ぐ。(MySQL無制限なので)

って感じがベストかもしれない!

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク